在宅チャトレのメリット

在宅チャットレディのメリット、デメリット

在宅チャットレディのメリット1つ目は、ネットがある環境であればいつでも仕事ができるというところです。
チャットレディには、テレビ通話、音声通話、メールのツールがあるので場所によって使い分けることも可能です。
写真や動画を撮りだめしておいて、移動中にささっとメールのやりとり。
出張先のホテルでお仕事をするということもできちゃうんです。

2つ目のメリットは、人間関係を気にしなくていいところです。
在宅チャットレディの場合、通勤型と違い人と会うことがありません。
仕事での人間関係に悩まされたくないという方にピッタリのお仕事です。

3つ目のメリットは交通費がかからないところです。
また移動にかかる時間もないため、焦ることがありません。

在宅チャットレディのデメリット1つ目は、同居している人がいると音漏れが気になるところです。
チャットレディの仕事はアダルト要素も含まれるため、彼氏や家族と同居している場合、やりとりの声が聞こえてしまうかも・・・と気になってしまうことがあります。

デメリット2つ目は、ついだらだらしてしまうところです。
在宅チャットレディは、通勤型のようにスタッフさんがついてくれるわけではありません。
シフトやノルマがない自由な仕事だからこそ自己管理が重要になってきます。
「今日は体調が悪いからやめておこう」
「明日は忙しいから時間がある時にやろう」と後回しにしているとさぼってしまいがちになります。

デメリット3つ目は、部屋の1部が映りこんでしまうことです。
個人を特定できるものが映ってしまうと身バレの危険性があります。
また、お部屋を綺麗に整えないといけないという手間がかかります。

オンオフの切り替えが難しい在宅のお仕事。
やる気を引き出す工夫が必要です。